レーザー後に眉毛インクがオレンジ色になるのはなぜですか?

Nd:YAG レーザー技術はタトゥー除去の分野に革命をもたらしました。高強度の光を放射することにより、レーザーは皮膚内のタトゥー インク粒子をターゲットにします。このプロセスにより、インク粒子が加熱されて振動し、最終的には小さな破片に分解されます。時間が経つと、体の免疫システムがこれらの断片化した粒子を除去し、タトゥーが徐々に薄れて除去されます。

 

酸化の興味深いプロセス

眉毛のタトゥーや半永久的なメイクには、酸化鉄などのさまざまな色素が含まれていることがよくあります。 Nd:YAG レーザーによるタトゥー除去プロセスでは、レーザーのエネルギーが酸化鉄顔料を分解し、遊離鉄イオンを放出します。これらのイオンは空気中の酸素と反応する可能性があり、その結果、酸化鉄が形成され、それに伴うオレンジ色の変化が生じます。この酸化プロセスにより、タトゥー領域の外観が変化する可能性があります。

 

色の変化に影響を与える要因

酸化による色の変化の程度は、複数の要因によって異なります。顔料に含まれる酸化鉄の量、タトゥーの深さ、個人の肌タイプはすべて、オレンジ色の強さに影響します。すべてのタトゥー顔料に酸化鉄が含まれているわけではないため、レーザー除去中にすべてのタトゥーがこの色の変化を経験するわけではないことに注意することが重要です。オレンジ色の変化は一般に無害ですが、眉毛のタトゥーや半永久的なメイクをしている人にとっては望ましくない可能性があります。

 

532 nmの波長とオレンジ色の顔料

Nd:YAG レーザーによるタトゥー除去では、532 nm の波長が特に赤、オレンジ、黄色の色素をターゲットにします。酸化を受けた眉毛のタトゥーや半永久的なメイクに関しては、この波長が効果的に分解し、残っている色素を除去します。ただし、レーザー治療に対する色素の反応は、色素の種類、タトゥーの深さ、個々の皮膚の特性などの要因によって異なる場合があります。望ましい結果を達成するには、複数回のレーザー治療が必要になる場合があります。

 

一時的な黒ずみと治療目標

オレンジ色の色素に 532 nm の波長を使用すると、治療領域が一時的に暗くなることがあります。レーザーのエネルギーにより、残っている色素が一時的により多くの熱を吸収し、この黒ずみ効果が生じます。ただし、この黒ずみは通常は一時的なもので、残っている色素が分解され続け、体の免疫システムによって除去されるため、時間の経過とともに消えていきますので、ご安心ください。

 

セミパーマネントメイクに関する考慮事項

眉毛のタトゥーを含む半永久的なメイクは、タトゥー除去プロセス中に細心の注意を払う必要があります。半永久的なメイクアップの性質上、色素を完全に除去するには特有の課題が生じる場合があります。施術者は使用する顔料の種類を評価し、メイクの持続性や濃さなどの個々の要因を考慮する必要があります。周囲の皮膚の完全性を損なうことなく望ましい結果を達成するには、複数回のレーザーセッションが必要な場合があります。

 

Nd:YAGレーザーによるタトゥー除去は、眉毛のタトゥーや半永久的なメイクなどのタトゥーを除去するのに効果的な方法です。酸化現象により、眉毛のタトゥーに使用されるものなど、特定の顔料がオレンジ色に変化することがあります。 Nd:YAG レーザーの 532 nm 波長は、残っている色素を効果的にターゲットにして分解します。ただし、最適な結果を達成するには、個別の要因と複数の治療が必要な場合があります。タトゥー除去を安全かつ成功させるためには、AW3® アカデミーのトレーニングとサポートを受けた資格のある施術者に相談することが重要です。

眉毛のタトゥーを含む半永久的なメイクに関しては、追加の考慮事項を考慮する必要があります。半永久的なメイクアップの性質上、色素を完全に除去しながら周囲の皮膚を傷つけないよう繊細なアプローチが必要です。色素の種類、メイクの持続性、タトゥーの深さは、治療プロセス中に考慮すべき重要な要素です。

AW3® アカデミーは、半永久的なメイクアップを含む、Nd:YAG レーザー タトゥー除去の分野の実践者に貴重なトレーニングとサポートを提供します。彼らの専門知識により、施術者は効果的かつ安全なタトゥー除去処置を行うために必要な知識とスキルを確実に身につけることができます。

jaJA